ユーザーサポート よくある質問 English

ユーザーサポート English

製品情報

状態監視機器

 状態監視計CMシリーズは、回転機械の運転状態を常時監視する事で、早期に異常の兆候を発見し、被害を最小限に抑える事を目的としたものです。回転機械の異常監視、工作機械の工具の折損検出、ポンプ・モータの設備診断などに幅広く使用される製品です。
IoT対応で、管理室からの遠隔操作が容易。

CMシリーズ ラインアップ

CM-2001シリーズ 1ch仕様 小型軽量・低コスト
CM-3001シリーズ 6ch切替方式 バランシング機能搭載
CM-4001シリーズ 5ch同時監視方式 複数の回転機械を同時監視

CM-2001シリーズ特長

  • 低コストで本格的な振動監視機能
  • IoT対応・既存LANで異常通報・測定データをPCに転送
  • 加速度、速度、変位を同時監視
  • しきい値を自動設定
  • CCLD/電荷型加速度センサ切替
  • PLC監視指令対応外部端子台
  • 振動値をモニタ出力(4〜20mA)
  • LAN/RS-232C/USB
  • DINレール取付型/パネルマウント型

CM-3001シリーズ特長

  • 6ch切替監視1chごとに複数のしきい値設定可)
  • IoT対応・既存LANで画像・測定データをPCに転送
  • 加速度、速度、変位を同時監視
  • 最大3帯域周波数の振動監視・警報出力可
  • 位相を含めたベクトル監視
  • 振動解析・異常原因の特定・対策が可能
  • バランシング機能搭載(一定速・開角釣合せ)
  • 監視・分析データを保存
  • しきい値を自動設定

CM-4001シリーズ特長

  • 最大5chを間断なく監視
  • IoT対応・LANで画像・測定データをPCに転送
  • 加速度、速度、変位を同時監視
  • 3帯域周波数の振動監視・警報出力可
  • 工作機械の工具欠損、研削砥石のアンバランス管理
  • FFT分析・エンベロープ分析で異常原因を究明
  • 調和振動分析(振動発生の原因解析)
  • 監視・分析データを保存
  • しきい値を自動設定
PDFカタログ

CM-2001シリーズ仕様表

CM-2001仕様

CM-3001シリーズ仕様表

CM-3001仕様

CM-4001シリーズ仕様表

CM-4001仕様