ユーザーサポート よくある質問 English

ユーザーサポート English

製品情報

加速度センサ簡易校正器

加速度センサ簡易校正器PC-1001

 圧電型加速度センサは振動計測に広く使用されていますが、正しいデータを得るには、センサの感度を確認する必要があります。「PC-1001」は加振器、センサアンプ、振動表示部を内蔵しており、センサ感度を直読できます。また、159.15Hz、10m/s²の正弦波でセンサを加振するので、出力信号を振動計測器の校正に利用できます。

業界初の3軸加速度センサ簡易校正器PC-3001

 1軸加速度センサ校正器PC-1001を開発した実績と、釣合い試験器の高精度化で蓄積した技術を導入し、弊社独自の3軸加振構造を考案。困難とされていた3軸間の相互クロストークを2%以下に抑えた製品です。またPC-1001と同様に、159.15Hzの正弦波で加振するので、出力信号を振動計測器の校正器として利用できます。

PDFカタログ

仕様比較表

型番 PC-1001 PC-3001
加振周波数 159.15Hz±0.5%以下
加振加速度 10m/s²(rms)±3% 5m/s²(rms)±3%
3軸間のクロストーク 2%以下
高調波歪率 1%以下 0.5%以下
感度設定範囲 電荷出力型:0.5 〜 40pC/(m/s²)±3%
CCLD型:0.5 〜 40mV/(m/s²)±3%
感度表示精度 ±3% ±1 digit
最大センサ質量 120g 50g
電源 Li-IonバッテリまたはACアダプタ(AC100 〜 240V±10% 50/60Hz)
電池寿命 連続加振 約1時間
使用温度範囲 −5 〜 +40°C −5 〜 +50°C
使用湿度範囲 90%RH以下
質量 約3kg 約5kg
外径寸法 幅174mm × 奥行179mm × 高さ83.5mm 幅174mm × 奥行179mm × 高さ230mm