ユーザーサポート よくある質問 English

ユーザーサポート English

会社情報

企業沿革

1985年 6月  システム設計事務所を開設し創業し、業界初のマイクロコンピュータ導入のバランサを開発
1985年 9月  フィールドバランサ「BC-4300」を開発してOEM提供を開始
1986年 3月  シグマ電子工業株式会社を設立(資本金300万円)
1986年 8月  フィールドバランサ「マイセルフ-1」を開発して0EM提供を開始
1987年 4月  フィールドバランサ「バランスアイ」を開発し、0EM提供を開始
1987年 6月  占見新田工業団地へ本社を移転し(現在の本社所在地)、資本金を500万円に増資する
1988年 5月  多変量解析手法を導入し、不釣合い検出精度を改善したフィールドバランサの開発
1988年10月  中小企業庁主催の【テクノフェアー88】にフィールドバランサ「SB-8307」「SB-8308」を出展し、販売開始
1989年 6月  トランクケースに収納した、高速回転機械用のフィールドバランサ「SB-7001」を販売開始
1990年 2月  工作機械の高速化が進み、工具の不釣合が問題視される中、我が国初のツールバランサ「SB-7200」を開発
1990年 6月  立形釣合い試験機「SB-5100」を開発して販売開始
1991年 6月
 24万rpmの超高速精密機械に対応した、フィールドバランサ「SB-7200RH」を販売開始
1991年 9月  日本試験機工業会(動釣合い分科会)に入会
1992年 8月  精密工作機械用ツールバランシングマシン「SHV-6100」を東芝機械殿と協同開発
1992年10月  計測精度を大幅に改善した、フィールドバランサ「SB-7002」を販売開始
1992年10月  第16回日本国際工作機械見本市(JIMTOF)に 横形釣合い試験機「SHBシリーズ」、「SB-7002」等を出展
1993年 7月  精密研削盤専用のフィールドバランサ「SB-8001」を販売開始
1993年10月  一般回転体用のフィールドバランサ「SB-8002」を販売開始し、(株)アカシにOEM供給を開始
1994年10月  機上同一段取りで、バランス測定から修正までの工程を自動的に行える、釣合試験機「SHVA」の開発に成功
1994年11月  第17回日本国際工作機械見本市(大阪)に 全自動釣合試験機「SHVA-6100」を出展して、
 釣合試験機業界・ポンプ業界から注目を浴びる。なお、1号機はポンプメーカH社に納入
1995年 8月  超軽量ワーク用立形釣合い試験機「SSV-51001」を開発し、自動車用部品メーカに納入
1996年11月  第18回日本国際工作機械見本市(JIMTOF)に全自動釣合い試験機「SHVA-6100」「SB-MELT」など出展
1997年11月  神奈川出張所を開設  
1998年 7月  切削面うねり補正機能(MAX2mm)と切削屑回収機構を付加した、全自動釣合い試験機「SHVA-6110」をポンプメーカK社に納入
1998年10月  第19回日本国際工作機械見本市(JIMTOF)に全自動釣合い試験機「SHVA-6110」「SSV-51001」など出展
2000年 4月  第18回モータ技術展にポリゴンミラー用の釣合い試験機 「SSV2-58000」を出展し、モーターメーカに納入
2000年10月  ターボ分子ポンプを実回転数でバランス修正可能なシステムを開発し、ターボ分子ポンプのメーカに納入
2000年10月  第20回日本国際工作機械見本市(JIMTOF)に40万rpm回転まで測定可能なフィールドバランサ「SB-7300」を出展
2002年 2月  我が国で初めて、回転機械の高次曲げ振動モードに対応した、全運転回転領域のアンバランス振動を抑える
 多速度・多面フィールドバランサ「SB-7700R」の開発する
2002年10月  第21回日本国際工作機械見本市に 、新開発の多速度・多面フィールドバランサ「SB-7700R」を出展
2003年 6月  我が国初の多速度・多面フィールドバランサ「SB-7700R」を販売開始
2004年 9月  「SB-7700」の技術が優れているとして、岡山県から「岡山・わが社の技」に認定される
2004年11月  第22回日本国際工作機械見本市に、「SB-7700R」「SB-8800R」釣合い試験機 「SSV2-5100」を出展
2005年 2月  「SB-7003」の後継機種として、「SB-7004R」「SB-7400R」を販売開始
2005年 9月  本社の新社屋が落成
2006年 3月  精密工学会中四国支部から、「SB-7700R」が工作機械の加工精度向上に寄与したとして技術賞を受賞
2006年10月  第23回日本国際工作機械見本市に「SSV-5100A」「SSB-6100A」と各種フィールドバランサを出展
2007年 5月  SB-7700シリーズの演算速度を改善した「SB-7701R」「SB-7704R」「SB-7704RH」を販売
2007年 9月  ISO9001認証取得  認証登録番号:JQA-QMA13358
2008年10月  第24回日本国際工作機械見本市に、全自動釣合い試験機「SHVA-6130A」、及び全運転領域の3次元振動を抑える事を可能にした
 業界初のフィールドバランサである「SB-7704R」を出展
2009年 4月  弊社は、経済産業省から「元気なモノ作り中小企業 全国300社」に選定される
2009年 7月  切削面のうねり補正(Max5mm)を強化し、大径ワーク(MaxΦ600mm)に対応可能な、
 インペラ全自動釣合い試験機「SHVA-6130A」をポンプメーカK社に納入
2010年 4月  新CPUを搭載し、演算速度を従来製品より改善した「SB-7702」及び「SB-8801」の各シリーズを販売開始
2010年 9月  バッテリ駆動の3.5インチカラー液晶を搭載のフィールドバランサ「SB-8001GB」「SB-8002RB」を販売開始
2010年 9月  機上同一段取りで、2面バランス修正を可能にした、全自動釣合い修正機「SHVA2-6130A」を開発
2010年10月  第25回日本国際工作機械見本市に「SHVA2-6130A」「SHVA2-6130AT」及び「SB-8002RB」等を出展
2011年 3月  バッテリ駆動の5.7インチカラー液晶、USB通信を搭載した1〜4面修正のフィールドバランサ「SB-8801RB」を開発
2011年 7月  「SB-7004」シリーズの後継機種として、「SB-7005」シリーズを販売開始
2011年10月  TEST2011に「SHVA2-6130A」、「SB-7702」、「SB-8801RB」、「SB-7005」などを出展
2012年 5月  日本試験機工業会から弊社社員が表彰される。
2013年12月  「SB-8801」シリーズの後継機種として、「SB-8802」シリーズを販売開始
2014年 2月  「SB-7005」シリーズの後継機種として、「SB-7006」シリーズを販売開始
 「SB-7702」シリーズの後継機種として、「SB-7705」シリーズを販売開始
2014年 3月  日本機械学会中国四国支部から技術貢献賞を受賞
2014年 9月  第17回関西機械要素技術展に、振動計「VM-1001シリーズ」を出展
2015年 9月  計測精度を改善したフィールドバランサ「SB-7705R」「SB-8802R」、釣合い試験機「SHV-5110A」「SSB-6001A」
 「状態監視システム」「加振器」をTEST2015他に出展
2016年 3月  計測機器のレンタル事業を開始