ユーザーサポート よくある質問 English

ユーザーサポート English

製品情報

立形1面釣合い試験機

フライホイール等のバランス測定から修正まで、半自動で行う立形1面釣合い試験機です。

・ロータ最大質量 :10kg
・最大外径 :ø350mm
・把握方式(アダプタ) :コレットチャック方式
・試験回転数 :850min-1
・測定面数 :1面
・到達最小比不釣合い :1.0μm

用途

フライホイール、プーリ、ギヤ等

主な特長

同一機上で測定から修正まで

ドリル修正機付で、バランス測定から修正まで自動で行います。

うねり測定機構

フライホイールにおいては、焼きバメされたリングギアギヤの「うねり量」を測定し、OK/NG判定します。(オプション)

ワーク穴位置検出機構

ワークにランダムに加工されている穴を自動的に検出し、その穴を避けた位置にバランス修正加工を行います。(オプション)

SHV-5110A仕様表

型番 SHV-5110A
試験体 最大質量 10kg
最大外径 ø350mm
機構部 駆動電動機 ACサーボモータ 0.75kw(ブレーキ付)
把握方式(アダプタ) コレットチャック方式
試験回転数 850min-1
振動架台 ハードタイプ
計測部 測定面数 1面
偏心補正機能 機能付
到達最小比不釣合い 1.0µm
表示器 5.7インチTFTカラー液晶タッチパネル
最小表示不釣合い 0.01g
表示方式 極座標表示および分力(3〜99)表示
ワークデータ記憶数 50個(但しUSBメモリを追加することで無制限)
合否判定 管理値設定による合否判定機能
データ通信 USBメモリ/USBケーブルによるバランスデータの転送(オプション)
その他 電源電圧 三相200V ±10%
オプション リングギヤのうねり測定機構
ワークの穴位置検出機構
装置寸法 1,061mm(W)×1,310mm(D)×2,143mm(H)
装置質量 約600kg