ユーザーサポート よくある質問 English

ユーザーサポート English

製品情報

横形4面釣合い試験機

ロータ最大質量1kg。ジャーナルを有するロータ軸等、弾性ロータの効率的なバランシングを実現した汎用性の高い高精度横形釣合い試験機。

・ロータ最大質量 :1kg
・最大胴径 :ø100mm
・ベルト掛け径 :ø10〜ø50mm
・軸径(ジャーナル径):ø4〜ø25mm
・軸受間隔 :35〜200mm
・駆動方式 :上方タンジェンシャルベルト駆動
・測定面数 :1〜2面(オプションで4面可能)
・到達最少比不釣合い :0.1μm

用途

スピンドルロータ軸、モータロータ、タービン、ファン、ロール等

主な特長

弾性ロータのバランシングを実現

従来技術では困難であった弾性ロータの釣合せを、多速度・多面法の採用で実現。本機で低速のバランシングを行うことにより、アセンブリ後に行う高速フィールドバランスの振動ピークが抑えられ、安全かつ効果的なバランシングが行えます。

軸受部・駆動部の選択が可能

軸受部:ローラ軸受・Vブロック軸受
駆動部:上方タンジェンシャルベルト駆動/下方タンジェンシャルベルト駆動/アンダースラングベルト駆動の3種類から選択が可能。

修正面を最大4面まで拡大

・一般的な横形釣合い試験機の修正面数は2面です。
・ ところが高速ロータを2面バランシングする場合は、ロータの構造・形状を考慮して、適正な修正面を選択してバランシングしないと、曲げ振動を発生する事になります。
・ 本器は修正面数を最大4面まで拡大して、適正な修正面を自由に選択できるので、上述の問題点は容易に解決出来ます。

グラフィカル表示で簡単操作

5.7インチカラー液晶タッチパネル

小型省スペース

無駄を徹底的に排除したコンパクト設計

SSB-6001A仕様表

型番 SSB-6001A
試験体 ロータ最大質量 1kg
最大胴径 ø100mm
ベルト掛け径 ø10〜ø50mm
軸径(ジャーナル径) ø4〜ø25mm
軸受間隔 35〜200mm
機構部 駆動方式 上方タンジェンシャルベルト駆動/下方タンジェンシャルベルト駆動/アンダースラングベルト駆動
駆動電動機 ACサーボモータ 200W
試験回転数 1,000 〜 5,000min-1  (試験体外形寸法による)
振動架台 ソフトタイプ振動架台
不釣合い位置確認 自動位置決め機能による
軸受方式 ローラ軸受/Vブロック軸受
計測部 到達最小比不釣合い 0.1 µm
測定面数 1〜2面(オプションのプログラム追加で、1〜4面測定が可能)
表示器 5.7インチTFTカラー液晶タッチパネル
最小表示不釣合い 0.01mg
表示方式 多速度多面修正、一定速多面修正
極座標表示および分力(3〜99)表示(修正おもりは付加/削除を任意に選択可能)
ワークデータ記憶数 50個(但しUSBメモリを追加することで無制限)
合否判定 管理値設定による合否判定機能
電源 100V 50/60Hz
データ通信 USBメモリ/USBケーブルによるバランスデータの転送(オプション)
その他 装置寸法 810mm(W)×430mm(D)×1,230mm(H)
重量 約200kg(試験機本体+専用架台)