ユーザーサポート よくある質問 English

ユーザーサポート English

製品情報

弾性ロータ&超精密機械用フィールドバランサ

 SB-7707RBシリーズは、多速度・多面法を導入した弾性ロータ用のバッテリ駆動タイプ。出張や工場内の持ち運びに便利です。

用途

・マシニングセンタ、繊維機械、高速タッピングセンタ一等の加減速する高速回転機械
・NC旋盤、高速金型加工機、高速スライサ、ダイシングソ一、内面研削盤、木工機械、粉砕機、ブロア、ポンプ、コンプレッサといったあらゆる回転機械
・研削盤(平面研削盤、成形研削盤、センタレス研削盤、円筒研削盤)もオプションで修正可能

機能

≪バランシング機能≫
 ・多速度釣合わせ
 ・一定速釣合わせ
 ・開角計算釣合わせ(オプション)
≪振動分析機能≫
 ・調和振動分析
 ・アンバランス振動分析
 ・オーバーオール振動記録
 ・FFTアナライザ
 ・時間波形

型式バリエーション

主な特長

弾性ロータのバランス修正に有効な多速度・多面測定 多速度動画解説

・当社独自の「多速度・多面測定」法の採用により、任意の回転数範囲で全域の振動を低減(測定面数:1面~4面)
・運転回転数範囲に危険速度を持つロータのバランシングに最適


わずらわしい修正おもりの調整を軽減 new!

・あらかじめ登録した最大8種の修正おもりを利用し、最適な分力修正結果を出力。
 バランシング作業がさらに効率的になります。


JIS B 0905による合否判定機能 new!

・測定値と許容値を比較して合否判定を表示します。


CCLD型/電荷型センサを選択可能 new!

・従来の電荷出力型センサに加え、CCLD出力型センサも選択可能になりました。
 ケーブルが長く揺れやすい環境下では、ケーブルノイズの少ないCCLD型が有効です。


小型軽量で出張・工場内の持ち運びに便利

・バッテリ駆動で連続8時間駆動可能(スリープモード適用時)


使いやすさ + 高精度

・操作性と振動検出精度を改善(当社比5倍)
・画面を写真データとしてmicroSDに保存
・オーバーオール振動計、FFTアナライザを標準装備


開角計算によるバランス修正方式に対応 開角計算動画解説

・研削砥石のバランス修正だけでなく、一般回転機械にバランス駒の機構を設ける事により、現場での修正ウェイト作りを省いて、バランス修正が可能です。(G:1面 / GW:2面修正に対応)
※オプション機能です。


主なオプション

・開角計算釣合せ(砥石のバランス修正)
・多面測定用 振動センサ+ケーブル

ご購入前のレンタルがお得です 計測器レンタル

梱包重量・サイズ 価格一覧表 カタログダウンロード(外部サイトへ移動します) 技術資料

CCLD出力型センサに対応

mini-Bタイプコネクタ:
PCとの通信で測定データを送信
microSDカードスロット:
microSDに測定データを保存

トランクケースに本体・付属品すべて収納
外寸:385(W)×120(D)×255(H)
総質量:約4.5kg

型式について 操作手順

SB-7707RBシリーズ仕様比較表